尊星王院 戒名授与 

霊符山 尊星王院 戒名のページ

TEL.0120-4194-61 〒321-1264 栃木県日光市瀬尾3123-5

亡くなってからの戒名

 top_image[1]1

没後戒名(亡くなってからの戒名)についてご説明いたします。

(お急ぎの方は、急ぎお授けしますのでご相談ください。)

photo3[2][1]

速やかに御仏の御もとに導かれ、霊安かれとご冥福をお祈り申し上げます。

まず一番は、戒名を授かることです。

戒名を授かることは、仏様と結縁することであり、仏様に導いていただくことになります。

一日も早く戒名をお授かりになることをおすすめします。

故人は、49日までの間、死出の旅路に出ていきます。その間、白木位牌(仮位牌)を大切におまつりください。

その間、7日ごとに裁判が行われるとされています。初七日・二七日・三七日・四七日・五七日

35日目は、地獄の閻魔であり、よりねんごろにご供養が必要とされる地域(関西方面)もあります。

六七日・七七日(49日)にしてやっと忌明け 次の生が決まるとされています。

image[1][1]49日までにすることは、本位牌を作ることです。

本位牌は、仏壇店で多くの場合、彫っていただきます(書く場合もありますが、書いたものは早く劣化します)

位牌を作るには、戒名が必要となります。

戒名を授かるまで、約3日 位牌を作るまで、約1週間 の日時がかかります。

49日までにやらなければならないことが多くあり、あっという間にやってきます。

また、49日を過ぎて法要をするわけにはいきませんので、通常は、49日前の土日で法事を執り行われます。

お墓のある方は、この時に納骨されますので墓前や法要会館で行います。

お墓の無い方は、ご自宅か、お寺か、法要会館で行います。

 

49日を過ぎてからの戒名の申込の方

一日も早くお申込ください。

お位牌は通常、49日に開眼法要をされ、白木位牌から本位牌に移されます。

49日を過ぎた場合は、当院にて開眼法要(1万円)を厳修することも可能です。

ご希望の方は、お申し出ください。

申込の流れ

 

1:まず、ホームページ・FAX・来院・電話により申し込んで下さい。

(理由:内容を拝見し、詳しくお聞きしてからでないと、 場合によってはと受付できない場合がります。)

2:住職より直接お電話させていただきます。

(理由:末代までの永遠の名前ですので、慎重にお人柄などお聞かせいただきます

 

3:戒名授与 2~3日の時間を見ておいてください。お急ぎの場合はお知らせください。

4:通常、郵便振替をつけて送りますので、ご到着後ご送金ください。布施3万円。

5:名称が「戒名の会」ですが、年会費などございません。

 

 1225013980273111

 宗派について

何宗の方であっても受付いたします。

各宗派にあわせて戒名をお授けしますが、その宗派から授かるわけではありません。

例えば、浄土真宗であっても10派あるといわれています。(本願寺派・大谷派・高田派・佛光寺派・興正派・木辺派・出雲路派・誠照寺派・三門徒派・山元派)宗派にこだわる方は、どうぞ、各本山よりお授かりになってください。

戒名は、ご先祖の戒名などを参考に当院からお授けいたしますので、戒名に違いはございませんが、どの宗派のどのお寺から、どの住職から授かるか?

という違いになります。当院は、天台宗系単立のお寺です。浄土真宗のお寺ではありません。

宗派にこだわるから本山への上納など「戒名料」が高くなるのです。

当院に申し込まれる方は、宗派にこだわらない方ばかりです。

また、先祖が◎◎宗だったからといって、それにこだわる必要があるでしょうか。

それよりも、そのお寺がどのような考えを持って、どのような活動をしているか?

宗派にこだわるより、お寺にこだわっていただきたいと考えております。

こんな意見もいただきました。

間に合わせの僧侶に高額の料金で戒名をつけて頂くことには、どうしても抵抗がありました。そこで以前テレビで拝見した記憶をたどり申し込んだ次第です

知らない方から名目ばかりの戒名に不信を抱いておりました

顔も知らない方に戒名を付けてもらって満足でしょうか?お坊さんであれば誰でも良いのでしょうか?

戒名・法名は、宗派に関係なく基本的には2文字です。

宗派は、江戸時代檀家制度とともに強制的に登録されたもので 近くにお寺に登録し、戸籍管理された)多くの場合、信仰からではございません。

先祖の宗派にあわせないと、先祖が迷うなどという事はありません。

宗派にこだわる方は、近くのお寺様をお探しください。

檀家を希望するか?檀家を希望しないか?によっても違ってきます。

なを、当院は、檀家制度をとっておりません。

お墓のない方は、今後どうされるか?よくご家族でご検討なさってください。

お墓のある方は、49日法要に合わせて、納骨されますが、お墓のない方は、 急ぐことはございません。

ご自宅でご供養されても問題ございません。

お墓は、簡単に引っ越しすることができませんので、慎重にされることをおすすめします。

まずは、戒名を授かることが一番です。お墓の問題と供養の問題は別です。

photo1

費用のことより供養が先です。どうぞ、お困りの方がございましたらお申し出ください。

まず、申込みをなさってください。わからない所は、空白で構いません。

内容を拝見した後で、住職から直接お電話をさせていただいております。

大切な戒名ですから、直接お話しして、お互いが納得の上でお授けいたします。

中には、内容によってお断りをする場合もあります。

申込みした時点で、完了ではございません。

白木の位牌がない方は、お知らせください。白木位牌のQ&A

■戒名について

希望される文字があればお知らせください。例)空・優・心

■院号・居士について

ご希望の方はお申し出ください。(院号料など追加費用は不要です。)

ご先祖の戒名がわかれば、お調べください。先祖に院号がない場合、 子孫が先祖を超えることになってしまうという方もあります。 また、反対に先祖にはすべて院号が授かっているという場合。

そのあたりも含めてご相談に応じております。

末代まで続く戒名ですから、慎重に検討のうえお授けいたしております。

■菩提寺がある方へ

菩提寺がある方は、必ず菩提寺の住職にご相談ください。当方での授戒はお断りします。

■ご自分で戒名を用意されていた方は、お知らせください。

戒名には、様々な決まりがありますので、検討させていただいた上でお授けいたします。

わからない方は、お気軽にお電話ください。電話でも申し込みも可能です。 0120-4194-61