霊符の実際と願望成就の護符

霊符(妙見)に護られた者

  • HOME »
  • 霊符(妙見)に護られた者

井伊直虎の霊符

 

井伊美術館のページをご覧ください。

次郎法師(直虎とされる)直筆四神旗 中国古代の思想に端を発する四神は、東西南北四方の守護神として広く用いられ、朝廷での祭儀においても四神旗が掲げられた例がみられます。次郎法師(直虎とされる)は井伊家守護のため、本営の帷幄中にこの四神旗を備え置きました。北方の玄武に代わり、勾陳が配されています。

岩崎弥太郎(三菱財閥創始者)

 

安芸市観光協会のページをご覧ください。

弥太郎が、安政元年(1854年)、江戸遊学に出かける際、妙見山に登り、星神社の社に「吾れ志を得ずんば、再び帰りてこの山に登らじ」という落書きをし、立身出世を祈願したとされます。霊符を持っていたかどうか?は不明ですが、妙見(別名:尊星王)に祈願をし、その後の成功が引き寄せられたと考えます。

坂本龍馬

中外日報のページをご覧ください。

徳川家康

開運さんぽのページをご覧ください。

なぜ?日光に徳川家康のお墓が出来たのか?北を守護する「日光」に何があるのか?

メールでお問い合わせください

PAGETOP
Copyright © 尊星王院の霊符 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.