霊符

受験合格符

子供の一生を左右する大切な「受験」

受験には、まさか!という事もあります。

高望みした志望校にまさか合格できたという影に多くの場合、神仏の助けがあります。

それは、天満宮のお札であったり・・・

しかし、通常のお札より昔から、存在し、非常に強い力を有し、陰ながら恩恵を受けていた方々の御守りはどうでしょうか?

すべり止めの学校ですら合格できないといわれた子供が、霊符をもって臨んだところ、すべての学校に合格したという事例があります。

本人が一生懸命努力だけでなく、霊符の力を利用されてみてください。

ちょっとした力が、その子の幸せな人生に導くことでしょう。

霊符申込

1:まず、霊符の申し込みをされてください。

その時に、受験校・受験日をお知らせください。(まだ未定の場合は決定後にお知らせください)

すべて手書きするため、お書きする霊符の数が限られますのでお断りする場合もあります。(月に24符)

2:申込受付のご連絡をいたします。

受付後にご送金下さい。

3:霊符謹書・行者心得

受付確認後、謹書日を選定します。霊符を書くためには、成就日や時間・水や食べ物など決まりがあります。

例えば、中国産の霊符専用の硯を2種類用意し、四囲を荘厳にし、行者は早朝より沐浴し、心身清浄にしなければなりません。

早朝、日がのぼる東方の方角より、清浄なる水を汲んできて、宝前に供える。

その水を用いて、一気に霊符を謹書します。

不成就日には、霊符を書いてはいけないとされる

1月3日・11日・19日・27日

2月2日・10日・18日・26日

3月1日・9日・17日・25日

4月4日・11日・19日・27日

5月5日・13日・29日

6月6日・14日・22日・30日

7月3日・11日・19日・27日

8月2日・10日・18日・26日

9月1日・9日・17日・25日

10月4日・11日・19日・27日

11月5日・13日・21日・29日

12月6日・4日・22日・30日

願意にあわせて成就日に書くようにしています。

また、受験合格など願いが強い場合は、功徳倍増する縁日に謹書しております

1月7日 2月8日 3月3日 など倍増日は、秘伝となりここで書くことは出来ない

また、行者は五辛を避け、鴈・亀・牛・犬・鰻・鯉・ドジョウ・生大根を食して書いてはならない。

4:霊符祈願

謹書した霊符を、尊星王御宝前にて開眼祈願法要を厳修します。

まさに、行者と本尊の両体感応がおこり、法力が宿るのである。

5:霊符拝受

霊符は、郵送でお送りします。

届きましたら、開封し、霊符の所持の仕方について記した手紙を一読ください

いつ?どこに?どの方角に向けて貼ればいいのかの説明書きです

受験合格の場合、大符は、受験生の頭上に貼ってください。この時、のりかテープで貼って、画びょうなどは出来るだけ使わないように願います。どうしてもの場合は白い和紙を大きめに包み、霊符の袋を作り、袋に画びょうをさすようにしてください。

方角に注意してお貼りください。

 

小符は、子供のランドセルやカバンに入れて持ち歩くようにしてください。

6:受験日・志望校・受験番号など決まりしましたら、お知らせください

お手紙もしくは、メールでも構いません(電話不可)

御宝前にて報告します。

7:合格しましたら、必ずお礼の手紙をお願いします。

御宝前にお礼の報告をいたします。

昔からお礼参りというように、お礼が大切です。

お願い後事だけでは、次の願いを聞いてくださいません。

受験合格霊符

大符:15,000円 小符:10,000円 合計 25,000円 (受験より1年以上前からお持ちになることをお勧めします)